札幌市定山渓自然の村 > 過ごし方 一覧 > 初めてのキャンプ

シーズン

文字サイズ

予約受付お問い合わせ

受付時間9:00 - 17:00

011-598-3100

初めてなのに、不安は無いの

定番の過ごし方

for Beginner

初めてのキャンプ

とはいえ、全てお膳立てされている。
寝るのはテントハウスだし、
BBQセットもレンタル品だ。
でも、なんとも言えない達成感。
きっと、大自然のせいだろう。

定番の過ごし方

for Beginner

初めてのキャンプ

とはいえ、全てお膳立てされている。
寝るのはテントハウスだし、
BBQセットもレンタル品だ。
でも、なんとも言えない達成感。
きっと、大自然のせいだろう。

利用シーン

初心者でも安心して楽しめるのが自然の村。
豊富なレンタル用品で、ギアを持っていなくても大丈夫。
テントハウスなら、適度なアウトドア感を味わいながら、
不自由なく泊まっていただけます。
初めてのキャンプには、もってこいのシチュエーションです。

夏の過ごし方

    キャンプなのに
    なぜかゲル?

    何やら可愛らしい村に迷い込んでしまったみたいだ。
    白いゲルが緑の中に群れている。
    キャンプといえばテントというイメージだったから、
    ここを知ったときはなんだか意外だった。
    でも、このゲル?のおかげで、
    キャンプのハードルがぐんと下がった。

    本当に手ぶらで来てしまった

    手ぶらでも良いっていうから、
    本当に手ぶらで来てしまった。
    けど、確かにこれだけ揃っていたら、
    何もいらないかもしれない。
    火をおこして、持ってきた食材を
    借りた鍋に無造作に入れる。
    全てうまく行っている。

    初めてなのに
    楽しめるのは、上出来だ

    初めてだけど、美味しそうな料理ができた。
    初めてだけど、とても快適に過ごせている。
    初めてなのに、こんなにもリラックスして語り合える。
    全てお膳立てされてるから、
    はじめから人と自然を楽しめる。

冬の過ごし方

    教えてくれる人がいる

    なんにもわからない私たちに、
    キャンプのいろはを教えてくれる人がいる。
    タープの張り方、火の起こし方、
    ランタンの使い方。
    ひとつづつ出来ていくたび、
    キャンプが好きになっていく。

    本当に手ぶらで来てしまった

    手ぶらでも良いっていうから、
    本当に手ぶらで来てしまった。
    けど、確かにこれだけ揃っていたら、
    何もいらないかもしれない。
    火をおこして、さあ何を焼こうかと考えたところで、
    食べ物は付いていないことを思い出した。

    可愛らしいえんとつ。頼もしいえんとつ

    テントハウスには、暖房設備が整っている。
    真ん中のえんとつは、ストーブにつながっている。
    山の夜は夏でも冷える時があるって。
    壁も屋根もテント地だから、外で寝てる感覚はある。
    はじめてのキャンプに丁度よい。

過ごし方一覧へ戻る

思い立ったが吉日
いつでも自然から学べる

個性的なテントサイトや、
充実したガイドプログラム、豊富なレンタル物品

予約受付・お問い合わせ

受付時間9:00 - 17:00

011-598-3100

イベント情報

2019年 11月

2019年 12月

2020年 1月

2020年 2月

イベント一覧を見る


Page top

予約状況を確認