運営概要

定山渓自然の村は、子どもから高齢者までの幅広い年齢層の市民が家族や小グループで利用できる「市民開放型施設」、多様な自然体験や野外活動を行うことができる「自然体験型生涯学習施設」を目指した野外教育施設として設置されました。
定山渓の恵まれた立地条件を十分に生かし、「人と自然との関わり」、「人と人とのふれあい」をテーマとした活動を展開し、主な利用対象が家族や小グループであることを考慮し、「初心者の野外活動」ということを念頭においたプログラムを提供しています。
施設の管理運営(指定管理者)は、公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会が行っています。

施設概要

所在地 札幌市南区定山渓(豊平峡ダム下流国有林野)
電話 011-598-3100
利用期間 通年利用(ただし、12月29日~1月3日を除く)
使用料 施設使用料有料
定員 300名
コテージ
100人[10名(5名×2室)×10棟]
テントハウス
70名 [7名×10棟]
テントサイト
130名[5名×26サイト]
施設規模 敷地 110,144.89㎡
建物
管理センター(374.65㎡)
事務室・会議室・ホール、リネン室
ふれあいハウス(360.46㎡)
研修室・学習室、調理室、シャワー室、トイレ、おむつ替え台
コテージ(1棟42.0㎡)
トイレ、流し台、テーブル、ストーブ
テントハウス(1棟18.75㎡)
ストーブ
炊事棟(70.4㎡)
流し台、炉場
野外施設 テントサイト、広場、駐車場
特色
  • 利用形態は、テントサイトを含めて通年オープンとしている。(積雪寒冷地の類似施設ではあまり例がない)
  • 利用者が個々に野外炊飯や自然観察を楽しむ従来型の活動だけでなく、スタッフのガイドにより自然の営みや自然との関わりを体験できるプログラム活動を行うことができる。
  • 1棟2室のコテージには、共用の食事スペースを設けており、グループ間の交流を図ることができる。
  • 身体障がい者の方々も安全で快適に利用できるように、トイレやスロープなどに配慮すると共に、コテージとテントハウスの各1棟を障がい者対応タイプとしている。
オープン 平成10年6月27日

ページのトップへ

利用状況(平成19年度から22年度)

年度 学校等団体 家族・小グループ 合計
利用者数 利用者数 利用者数
19 843 3,517名 2,932 11,120名 3,775 14,637名
20 1,094 3,976名 3,460 12,650名 4,554 16,626名
21 1,044 3,620名 3,577 13,188名 4,621 16,808名
22 753 3,277名 3,486 13,014名 4,239 16,291名

ページのトップへ